民営機械製粉業発祥の地

江東区の小名木川に架かる新扇橋のたもとに「民営機械製粉発祥の地」という碑があります。明治12年、水運の良い小名木川に着目して、この地に蒸気機関を動力として最初の民営の近代機械製粉所がつくられました。この工場が小名木川沿岸に近代的工場が進出してくるさきがけとなったそうです。

 

小麦船

現在も小麦の輸送に船を利用している製粉所が小名木川沿いにあります。トラックで運ぶよりも輸送費が安いそうです。